about us

故きを温ねて新しきを纏う

photo by Cho Ongo

2020年、創業80周年を迎えた老舗縫製工場から誕生した
co:do (読み ko/doː‾、こどう)

大量生産・大量消費・大量廃棄型の現代社会のあり方、
またコロナ禍における生活様式のシフトを目の当たりにし、
縫製工場を有するアパレルメーカーとして
世の中に必要とされるモノづくりとは何かを考え、
若手社員が主体となって「co:do」というブランドを立ち上げました。

SDGsなど国際的な共通課題に対してクラフツマンシップの精神から向き合い、
装うことで得られるファッション本来の楽しさと、
長く使うことで捨てられないほどの愛着が詰まったモノを持つ喜びを、
私たち作り手と着用する使い手で共有できる商品を発信しています。

『故きを温ねて新しきを纏う(ふるきをたずねてあたらしきをまとう)』という
故事成語を基にした造語をブランドスローガンとして掲げることで、
伝統的なモノづくりに新たな価値観を付与し、
次世代へと繋ぐアイデアやプロダクトとして提供します。

ブランドネームの「co:do」は、
『心臓が脈打ち血液が廻るように[鼓動]』、
『先人たちの軌跡を辿るように[古道]』、
そして『作り手と使い手が共に行い、より良い未来を形作るように[co(ともに)do(行う)]』
という
想いが込められています。

サーキュレーションアイコン

logo design by 吉田雅崇  

co:doのサーキュレーションアイコンは、
私たちのモノづくりの4つのフェーズを表現しています。

 紡績…紡がれる糸
 縫製…仕立てるステッチ
 着用…着用者を投影する鏡
 循環…廻る所有、再生、再利用

co:doは既存の販売サイクルに捉われず、
必要なモノを、必要なときにお届けします。

また生産するアイテムに適した素材や技術を吟味し、
その生産背景を詳細に伝えることも私たちの存在意義です。

私たちはco:doを通じて、ユーザーと生産に関わる
すべての人々を繋ぐハブのような役割を果たします。

そしてアパレルメーカーとしての責任を全うするため、
co:doの製品を長くご愛用いただくために、
製品のリペア対応、ならびに循環型消費(サーキュラーエコノミー)の推進を、
ブランドの取り組みとして実施します。