about us

故きを温ねて新しきを纏う

photo by Cho Ongo

2020年、創業80周年を迎えた縫製工場から誕生した
co:do (読み ko/doː‾、こどう)

素材の生分解性や再生原料への着目、
また日本伝統の技術や手仕事の再発見。

日本人である私たちがサスティナブルを語る上で、
日本国内で昔から受け継がれてきた再生・再利用における技術や考え方に倣うことが重要であると考え、
日本式の持続可能な製品作りを目指していきます。

所謂、エシカルブランドにとどまらない、
サスティナブルとファッショナブルの融合したアイテムを、信州の地から発信して参ります。


サーキュレーションアイコン

logo design by 吉田雅崇  


co:doのサーキュレーションアイコンは、
私たちのモノづくりの4つのフェーズを表現しています。

 紡績…紡がれる糸
 縫製…仕立てるステッチ
 着用…着用者を投影する鏡
 循環…廻る所有、再生、再利用

co:doは、既存の販売サイクルに捉われず、
必要なモノを、必要なときにお届けします。

また生産するアイテムに適した素材や技術を吟味し、
その生産背景を詳細に伝えることも私たちの存在意義です。
私たちはco:doを通じて、ユーザーと生産に関わる
すべての人々を繋ぐハブのような役割を果たします。

そしてアパレルメーカーとしての責任を全うするため、
co:doの製品を長くご愛用いただくために、
製品のリペア対応、ならびに循環型消費(サーキュラーエコノミー)の推進をブランドの取り組みとして実施します。